最終更新日時: 2017年9月15日

パズドラのチート一覧-BAN(アカウント停止)される!ゲーム内禁止事項を知っておこう

チートってどういう行為のこと?

チートとは、ゲーム制作者が本来意図していない動作をさせることで、ゲーム進行をしていく不正行為のことを言います。
裏技やバグなどの製作者が予期していない行為は、ゲームの利用規約で禁止されているケースが大半です。
「チートは禁止されている行為である」という認識を強く持っておきましょう。
パズドラにおける代表的なチートとしては、ダンリセやコンボアシストアプリを利用したパズル操作などがあります。
コンボアシストアプリとしては、iPhoneだと「最強!コンボ解析PLUSforパズドラ」、Androidだと「パズコンボ」をダウンロードしている人が多いようです。

パズドラではどんな行為が禁止されている?

パズドラをプレイする上で、運営側が禁止していることがいくつかあります。
この禁止事項は、パズドラ公式サイトに記載されています。

不具合の悪用、拡散、誘発

プレイ中に通常とは違う動作や結果が出ることを不具合と言います。
不具合を確認した場合に、その情報を悪用したり拡散させること、故意に不具合を誘発させる行為は禁止されています。

「大切な情報」を聞き出すこと

プレイする本人しか知り得ない「機種変コード」や「秘密のコード」などの大切な情報を聞き出す行為や教える行為、他人のゲームデータを盗む行為や交換・譲渡する行為は禁止されています。

RMT

ゲームデータと現実のお金や品物を交換することをRMT(リアルマネートレード)と言い、詐欺行為などの犯罪行為に結びつく可能性があるので「アプリケーション共通利用規約」で禁止されています。

虚偽の情報を広めること

運営チームやガンホー株式会社の社員、関係者であると誤解されるような名前の登録、発言、行為は、他の方に誤解を与える可能性があり、トラブルに繋がりかねないので禁止されています。

データ改ざん、不正プログラムの利用

ゲームを優位に進めるため、アプリや通信のデータ、端末の位置情報の改ざんなどをして、本来とは異なる動作をさせることは禁止されています。

迷惑行為

ゲーム内のメールシステムを利用して、迷惑メールを送ることは禁止されています。

その他の不正行為

パズドラ公式サイトの禁止事項に掲載されていない内容でも、他の人の迷惑になる行為は禁止されています。

なお、運営に「○○をしても大丈夫?」などの問い合わせをしても、処罰の対象になるかどうかの返答はもらえません。
違反が確認された場合は、ゲームデータを停止する厳しい処罰が実施される可能性があるほか、逮捕など法的措置の対象となる可能性もあります。

チートはやってもいいの?

繰り返しになりますが、チートはパズドラの利用規約や「アプリケーション共通利用規約」の規約違反にもなる不正行為なので、やってはいけません。
もし、運営がチートを発見した場合、そのユーザーのアカウントは凍結され、最悪の場合はアカウント停止(BAN)となる可能性があります。
運営からアカウント停止を受けると、それまで育成してきたモンスターやせっかく頑張って上げたランクなど全てが水の泡となってしまうので注意しましょう。
チートの方法はネットで簡単に検索できますが、アップデートによって出来なくなったチートが多数紹介されています。
「試しにやってみようかな?」と考えず、利用規約を守ってゲームを楽しみましょう。

チート関連でよく耳にする脱獄とは?

脱獄とは、Appleのサポートサービスの管理下から抜け出すことを言います。
脱獄をすると、様々な便利なアプリを利用してゲームのチートすることができます。
しかし、サポートサービスを受けられなくなるので、iPhoneの端末が壊れたり、データが破損したりしても自己責任となります。
また、脱獄をすること自体が「アプリケーション共通利用規約」に違反するので、発見され次第法的措置を受ける可能性もあります。
脱獄不要で出来るチートもネット上に載っていますが、いずれも規約違反となるものばかりです。
「違反にあたらない」という記載があっても、やるべきではありません。

パズドラの主なチート一覧

BINファイルをパソコンでダウンロードをすることで、様々なチートができるようになります。
具体的なチートとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 自分のBOX内にいるモンスターのステータスの数値の書き換え
  • 魔法石数の書き換え
  • スタミナの書き換え
  • コイン数の書き換え
  • モンスター図鑑の解放
特に、脱獄をすると上記のチートをするためにダウンロードできる役立つアプリやファイルの数が増えます。
しかし、禁止行為ばかりなのでアカウント停止の対象となります。
他にも様々なチートがあるので、参考までにご紹介します。

パズルを補助するアプリやツールの使用

先に説明したように、パズドラのパズルアシストアプリとしてiPhoneでは「最強!コンボ解析PLUSforパズドラ」、Androidでは「パズコンボ」をダウンロードできます。
これらのアプリは、パズドラでダンジョン潜入時に盤面のスクリーンショットを撮影すると、その盤面において最適なパズルのルートを計算し表示します。
つまり、パズルを自動化するツールとして利用できるのです。
このパズルアシストアプリが、最も活用できるイベントが「ランキングダンジョン」でしょう。
ランキングダンジョンは、できるだけ早くダンジョンをクリアと高スコアに繋がるので、パズコンボ等が非常に便利です。
しかし、これらのアプリを使用した参加はユーザー間の不公平を招くということで、使用が禁止となりました。
実際に、ランキングダンジョンの上位者にパズコンボ使用者がたくさん入ってしまったことがありました。
現在は、運営がパズコンボ等のアプリを厳しく取り締まるようになったので、使用はしないことをおすすめします。

ランキングダンジョンの詳細はこちらへ。

ダンリセをしてダンジョンへ潜入

ダンリセは、パズドラのチートの中で最も代表的なものです。
ダンリセとはダンジョンリセットの略で、ダンジョン潜入の途中であるフロアからダンジョンをやり直すことを言います。
ゲームオーバーになることがないので、スタミナを無駄に消費しない点がメリットです。
また、魔法石をダンジョンのコンテニューに使用することもなくなります。
しかし、あくまでもチートの一つなので、絶対にやってはいけません。

ダンリセについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

プレマラでプレゼントを受け取る

プレマラはプレゼントマラソンの略で、ユーザー間でプレミアムガチャをプレゼントし合うことを言います。
「ランク20まで上げるとフレンドへプレゼントを贈ることができる」というシステムを利用した行為で、サブアカウントのランクを20まで上げた後、本アカウントとプレゼントのやり取りを行うことで、本アカウントに大量のプレゼントを渡すことができるのです。
プレマラを利用して、本アカウントにノエルドラゴンをたくさん渡すと、モンスター育成を充実させることができます。
では、プレマラがチートにあたるのかどうかと言うと、リセマラが認められているので、おそらく不正行為ではありません。
しかし、最近ではノエルドラゴンをたくさんゲットできるイベントも開催することがあるので、プレマラでアカウント停止のリスクを背負うほど、やる価値がなくなってきました。

こちらのページでもプレマラについて詳しく解説しています。

チートについてどう思う?パズドラユーザーの意見をチェック!

気持ちは分かりますが規約内で楽しみましょう

チートは、いきなりハイ課金者クラスまでBOXを充実さたり、魔法石を大量にゲットできたりするなど、パズドラをやっている人であれば興味が湧くものばかりです。
しかし、ネットに載っている方法は規約違反のチートばかりなので、運営のアカウント停止処分の対象になります。
チートに心惹かれる気持ちはわかりますが、BANされて後悔しないよう規約内でパスドラを楽しみましょう。
チートは絶対しないことをおすすめします。

年齢 20代
性別 男性
評価(5点満点) ★★

無限に魔法石を増やす裏ワザ!甘い話には注意

パズドラの関連のサイトには、「魔法石を無限に増やす裏ワザ教えます!」などユーザーを誘惑するような謳い文句が載っています。
これらのサイトは、犯罪組織が運営している場合があり、裏ワザ紹介と謳って個人情報を登録させるようなサイトばかりなので、非常に注意が必要です。
詐欺や個人情報を利用した犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるので、絶対に閲覧しないことをおすすめします。

年齢 30代
性別 男性
評価(5点満点)

BANされるリスクが大きい!自己責任でどうぞ

チートは、運営に見つかり次第アカウントの停止をされてしまう危険性が高いので、自己責任の下で興味がある人はやってください。
パズドラは、チートを使わずとも充分に楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。
規約内で楽しんだ方が、結果的に後悔することなく楽しめると思いますので、チートはおすすめできません。

年齢 20代
性別 男性
評価(5点満点)

属性別攻略

お役立ちコンテンツ

パズドラ基本情報

パズドラの遊び方

パズドラ機能説明

パズドラ攻略豆知識