最終更新日時: 2018年4月17日

パズドラ上級者が選ぶ!リセマラ当たりモンスターと最速リセマラ術!

パズドラ リセマラ

教室や飲みの席で友人たちが楽しそうに始めた、パズドラの話。
その中であなたも誘われて、パズドラを始めてみようと思ったことがあるのではないでしょうか。

始めるならリセマラ(リセットマラソン)をするといいとよく言われますが、調べてみてもどのモンスターが強いかよく分からない、どこでリセマラを終わらせればいいか分からない。
そんな経験をした方も多いと思います。

しかしそれは、リセマラに必要な準備と自分のプレイスタイルを確認する前にリセマラを始めようとしているのが原因です。
効率的にリセマラをする方法を知り、プレイスタイルによって変わる当たりモンスターを確認すれば難しいことではありません。

このページでは、大事なスタートダッシュを失敗しないための効率的なリセマラ方法と、あなたのプレイスタイルに合った当たりモンスターをご紹介します。

さらに、リセマラが終わった後にまずすべきことや、おすすめの魔法石の使い方についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

これから最高にパズドラを楽しむために、この記事を参考にしていただければ幸いです。

1回ガチャを引くまでにかかる時間は15分!

パズドラをインストールしてから1回のガチャを引くまでには、およそ15分かかります。
この15分を何回も繰り返すことになるため、1回の時間をできる限り短くすることがリセマラのカギとなります。

リセマラ終了までどれくらいかかるの?

リセマラが終わるまでの時間は、欲しいモンスター候補のレア度や数によって大きく変わります。

当然ながらレア度の高いモンスターは排出率が低いため、リセマラの回数が増える可能性も高くなります。

またモンスターの候補を絞り過ぎてしまうと、例えレア度の高くないモンスターであっても多くの時間を費やすことになりかねません。

リセマラにかかる時間の目安を付けることはできる

現在ではガチャから排出されるモンスターの排出率が公式HPに公開されているため、そこから目安となる時間を計ることができます。
具体的な例を挙げていきましょう。

排出率1%のモンスターを10体候補に入れたとすると、ガチャから欲しいモンスターが排出される確率は1×10=10(%)となります。
つまり10/100=1/10の確率であるため、ガチャを引く回数の期待値は10回となります。

1回ガチャを引くのに必要な時間は15分であるため、15×10=150(分)、つまり約2時間半が目安となります。

ゴッドフェス中のフェス限定モンスターやレア度星6モンスターの排出率は1%前後になることが多いため、強力なモンスターが欲しいのであれば少なくとも2時間程度はかかることを覚悟しておくといいでしょう。

リセマラを始める前に準備しておくこと

パズドラ リセマラ

いくつかの簡単な準備によって、リセマラの効率をより高めることができるようになります。
リセマラの時間を短縮することで無駄な時間を使わずに済み精神的な負担も減らすことができるため、できるだけの準備をしておいて損はないでしょう。

wi-fi環境でやるのがおすすめ

リセマラでは、ゲーム開始時のデータのダウンロードを何度も繰り返すことになります。

パズドラの初起動時にかかる通信量は1回でおよそ500MBにもなるため、回数によっては膨大な通信量となってしまいます。
利用しているプランの通信量の上限次第では通信制限にかかってしまう可能性も高く、そうなるとリセマラの効率が大きく下がるだけでなく日常生活にまで影響が及んでしまいます。

wi-fiに接続した状態であれば通信量を気にする必要はなくなるため、安心してリセマラを行うことができるようになります。

ゴッドフェス中か確認しよう

ゴッドフェス中にのみレアガチャから排出されるいわゆる「フェス限」には非常に強力なモンスターが多いため、リセマラではそれらを狙うのがおすすめです。

ただしピックアップ対象となるフェス限モンスターはゴッドフェス毎に変わるため、自分の欲しいモンスターが排出されるかどうかを確認する必要があります。

毎月初めか月末、そして15日前後にはゴッドフェスの情報が公式HPに掲載されます。
そこからゴッドフェスの開催期間を確認して、その期間中にリセマラを行うようにしましょう。

なお、ゴッドフェス期間中はゲーム内のガチャ画面で「レアガチャ」の横に「ゴッドフェス」の文字が表示されるため、確認しておきましょう。

コラボガチャのリセマラは難しい

またゴッドフェスとは別に、期間限定のコラボガチャが開催している場合もあります。
このガチャでは魔法石5個または10個を消費して、コラボガチャ限定の非常に強力なモンスターが引ける可能性があります。

しかし最初に引けるガチャはレアガチャのみであるため、コラボガチャを引くためにはさらに自力で魔法石を5個か10個集める必要があります。

場合によってはリセマラ1回でレアガチャの2倍以上の時間がかかるうえ、コラボガチャのモンスターはコラボが終わってしまえば能力が強化される機会も少ないため、入手できるモンスターとかかる時間の面から基本的にはゴッドフェス中のリセマラをおすすめします。

当たりモンスターを確認しよう

「このモンスターが出ればリセマラ終了」という目標を最初に決めておくことで、ガチャを引いてから悩む必要がなくなるため効率よくリセマラを行うことができるようになります。

この記事の後半ではプレイスタイルや目標に合わせておすすめの当たりモンスターを複数紹介しているため、その中から5体ほどを選んでリセマラに臨むといいでしょう。
もちろんここに記載されていないモンスターであっても、思い入れがあったりイラストの気に入ったモンスターがいれば候補に加えても良いと思います。

また、上記のゴッドフェス情報などを見て狙っているモンスターがガチャから排出されることも確認しましょう。

複数のスマホやタッチペンがあるとさらに効率アップ

アプリのインストールやデータのダウンロードなど、リセマラ中には多くの「待ち時間」があります。
複数の端末でタイミングをずらしてリセマラを行うことでこの待ち時間を有効活用しつつ、時間当たりのガチャの回数も増やすことができます。

もし普段使いではない端末から当たりモンスターが出てしまったとしても、正しい手順を踏めば好きな端末にゲームデータを移すことも可能なので、安心して複数の端末を使うことができます。

また、ゲーム開始時の選択肢のタップやチュートリアルのパズルを素早く正確に行うことも、リセマラの効率化には欠かせません。
指による操作では間違った選択肢をタップしてしまったり、自分の指の下にあるドロップが見えないためにパズルに手こずってしまうこともあります。

そのため、確実な操作と的確なパズルがしやすくなるタッチペンを使用することで、さらにリセマラの効率を高めることができます。

これが最短!効率の良いリセマラ方法

パズドラ リセマラ

基本的なリセマラの流れと、それぞれの作業を効率よく行うコツを紹介していきます。

インストール

まずはパズドラをスマホにインストールします。

iOS端末では「App Store」から、Android端末では「Google Play ストア」から「パズドラ」と検索することで、一番上に「パズル&ドラゴンズ」のアプリが表示されます。
その画面上にある「インストール」もしくは「入手」のボタンをタップしましょう。

なお、このストアのページをバックグラウンドで起動したままにしておけば、後述するアプリの再インストールまでスムーズに繋げることができます。

アプリの起動後

パズドラを起動すると、まず名前の登録と最初の仲間の選択があります。

これは毎回行う必要があるため、どのモンスターを選んでおくか最初に決めておきましょう。
名前はチュートリアル後に変更可能であるため、適当な1文字を入力するだけでも問題ありません。

そしてその後、およそ4分のデータダウンロードが始まります。
上にも書いたように、パズドラにおける最初のデータダウンロードでは多くの通信量がかかってしまうため、wi-fi環境で作業することを忘れないようにしましょう。

魔法石を貯める

データダウンロードが終わると、いよいよチュートリアルが始まります。

パズルは慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れてきたら常に3コンボ程度は組むようにすると敵を早く倒しやすくなります。
また、タッチペンなどを利用して1回のパズルを組むスピードをできるだけ早くできるといいでしょう。

ダンジョンのボスを倒してクリアすると魔法石が1個手に入ります。
途中にモンスターBOXやチーム編成のチュートリアルをこなしながら、チュートリアルダンジョンをクリアして合計5個の魔法石を貯めましょう。

ガチャを回す

いよいよレアガチャを回すことができます。
チュートリアルに従ってガチャの画面に入った際に、レアガチャの枠に「ゴッドフェス」と表示されていることも確認しましょう。

ガチャを回すと、「金の卵」もしくは「ダイヤの卵」が排出されます。
これは排出されるモンスターのレア度による違いで、レア度5のモンスターは金の卵で、レア度6以上のモンスターはダイヤの卵で排出されます。

つまりレア度6以上のモンスターのみを狙っている場合は、レアガチャから金の卵が出た時点でアプリを終了してしまって問題ありません。
自分が狙っているモンスターのレア度をしっかり確認してからガチャを引くようにしましょう。

また狙っているレア度の卵が出たとしても、自分が狙っているモンスターが出なかった場合はアプリを終了しましょう。

当たりモンスターが出ればリセマラ終了

もしここで欲しいモンスターが排出された場合は、おめでとうございます!
その時点でリセマラは終了となります。
リセマラの癖で間違ってアプリをアンインストールしないように注意しながら、引き続きゲームを楽しみましょう。

アンインストール

狙っているモンスターが出なかった場合、アプリを終了してホーム画面に戻りパズドラをアンインストールします。

iOS端末では、アプリのアイコンを長押ししてアイコン左上に出てくる「×」ボタンを押すことでアンインストールが可能です。
もしくは「設定」から「一般」→「iPhoneストレージ」→「パズドラ」を選択し、「Appを削除」をタップすることでアンインストールできます。

Android端末では、アイコンを長押ししたままホーム画面上部のアンインストールに重ねることでアンインストールが可能です。
もしくは「設定」から「アプリ」→「パズドラ」を選択し、「アンインストール」をタップすることでアンインストールができます。

再インストール

パズドラのアンインストールが完了したら、再びストアでパズドラをインストールします。
最初のインストール時にページをバックグラウンドで起動したままにしておくのはこのためで、再びストアアプリを開いて検索し直す手間を省くことができます。

そして当たりのモンスターが出るまで、この<インストール>~<アンインストール>の行程を繰り返します。
上にも書きましたが、もし当たりが出た場合には<アンインストール>に書かれているパズドラのアンインストールを行わないように十分に注意しましょう。

解説付き!当たりモンスターはこれだ!

まだゲームをちゃんと始めていない状態では、モンスターの情報を見ただけでどれが当たりかを判断するのは困難です。
そこで「これは確実に当たり!」といえるモンスターを、これからのゲームプレイにおける重要度別にいくつかピックアップしました。

これらの候補の中から、自分の目標やプレイスタイルに応じて当たりモンスターを決めるといいでしょう。

当たればリセマラを即終了!大当たりモンスター

これからどんなスタイルでパズドラをプレイしていくとしても、間違いなく活躍できる大当たりのモンスターです。

ヨグ・ソトース
ヨグ・ソトース
簡単なパズルで高い攻撃力を出すことができるリーダースキルと、終盤でも必要とされる強力な「陣」スキルを持っています。
そのためサブの揃いづらい序盤から最新の高難度ダンジョンまで、長く活躍できるモンスターです。
使っている人が多いためフレンドを確保しやすいことも大きなメリットです。
カミムスビ
カミムスビ
上記のヨグ=ソトースと同様のリーダースキルですが、こちらはパズルの条件がさらに緩く攻撃力を出しやすいという特徴を持っています。
そのためカミムスビもヨグ=ソトースと同様、序盤から最新のダンジョンまでリーダーとして活躍できるモンスターです。
「追加攻撃」という特殊な覚醒スキルを持っていることも大きな利点です。
時女神・スクルド
時女神・スクルド
パズルに関係なく攻撃力が上がるリーダースキルを持っているため、序盤は使いやすい水リーダーとして活躍できます。
終盤は「7コンボ強化」を2個と「追加攻撃」を持ち、「陣」スキルを使える非常に強力なサブモンスターとなります。
比較的進化させやすいため早い段階からサブとしても活躍することが可能で、特にコンボの多さを重視するパーティで大活躍します。
青龍喚士・ソニア
青龍喚士・ソニア
リーダースキルで回復力が大きく上がるため、序盤は耐久力のある使いやすいリーダーとして活躍できます。
また「陣」スキルを持っているためサブとしても使いやすく、終盤には非常に高い耐久力と火力を併せ持つリーダーとして高難度のダンジョンを攻略することも可能になります。
このソニアの属性違いである「緑龍喚士・ソニア」も基本的には同じ性能で、同様の活躍が見込めるためおすすめです。

序盤から終盤まで活躍できる!当たりモンスター

がっつりとパズドラを遊んで上級者を目指したい人や、序盤からサクサクと攻略を進めていきたい人におすすめの当たりモンスターです。

風神
風神
6コンボ以上を決めなければならないため序盤でのリーダー運用は難しいかもしれませんが、パズルに慣れてきた中盤からはコンボ重視のリーダーとして大活躍することができます。
また「操作時間延長」の覚醒スキルを多く持っているため、パズルを組みやすくなることも大きなメリットです。
さらに貴重な「ダメージ吸収無効化」のスキルを持っており、「7コンボ強化」の覚醒も相まって終盤では強力なサブモンスターとなります。
アメノミナカヌシ
アメノミナカヌシ
無条件で高い攻撃力を出すことができるため、序盤からリーダーとして大活躍することができるモンスターです。
サブが揃ってくる中盤以降にはさらに攻撃力を上げることもできるようになるため、常に難易度の高いダンジョンに挑戦しやすいことも特徴です。
また強力な「陣」スキルを持っているため、サブとしても常に活躍することができます。
劉備
劉備
簡単に攻撃力を上げられるリーダースキルと強力な「変換」スキルを持っているため、序盤からリーダーでもサブでも利用しやすいモンスターです。
終盤にはマルチプレイを利用してダンジョンを高速で攻略する「周回リーダー」として最前線で活躍することができます。
ダンジョンの周回は主に経験値集めやモンスターの育成のために行うため、ストイックにランクを上げたりモンスターの育成をしたい人に特におすすめです。
またこのモンスターはレア度が5であるため、比較的排出されやすいことも評価できます。
アヌビス
アヌビス
「変換」のスキルを持っているため、序盤ではサブとして活躍することができます。
リーダーとしての運用はパズルに慣れてきた中盤以降になりますが、パズルの盤面を変化させる特殊なフレンドリーダーと組むことでトップレベルの強さを誇るリーダーとなります。
また劉備と同じくレア度が5であるため、フェス限モンスターに比べて狙いやすいという利点があります。

まったり遊ぶならこれでOK!終盤でもサブとして使えるモンスター

ここで紹介するモンスターは全てフェス限モンスターではなく排出率が高めであるため、リセマラを早めに終わらせたい人やマイペースに攻略を進めたい人におすすめです。

貂蝉
貂蝉
緩い条件で攻撃力を上げることができるため、序盤にリーダーとして使いやすいモンスターです。
またパズルの盤面を変化させる特殊なリーダースキルを持っているため、相性の良いフレンドリーダーと組むと非常に強力なパーティとなることも特徴です。
スキルはどのパーティでも使いやすく連発しやすいため、終盤には万能サブとして大活躍します。
イシス
イシス
難易度の低いパズルで攻撃力を上げることができるため、序盤の攻略やパズルの練習に最適なリーダーです。
「バインド回復」というスキルによってパーティの味方を補助することができるため、中盤以降も様々なダンジョンに連れて行きやすいモンスターです。
またイシスのスキルも貂蝉と同様に連発しやすいため、終盤まで使いやすいサブとして活躍することができます。
オオクニヌシ
オオクニヌシ
リーダーとしては要求されるコンボ数が少し多いため序盤のリーダー運用は難しいものの、パズルに慣れてきた中盤以降はコンボ重視の強力なリーダーとなります。
「威嚇」という重要なスキルを持っているため、序盤から終盤までのどのダンジョンでもサブとして使いやすいモンスターです。
また終盤には有用な覚醒スキルを複数持つモンスターとなるため、パーティの中でも重要な役割を果たすことができるようになります。
クシナダヒメ
クシナダヒメ
コンボ重視のリーダースキルではあるものの少ないコンボ数から攻撃力が上昇していくため、序盤でも使いやすいリーダーです。
またクシナダヒメの持つ「ダメージ軽減」のスキルはダンジョン攻略のカギとなることもあるため、序盤から終盤までサブとして必要となる場面が多いモンスターです。
終盤には非常に高い耐久力と攻撃力を兼ね備えたリーダーとなるため、高難度ダンジョンの攻略などでも大いに活躍することができるようになります。

リセマラ終了!その後にすべきことは?

念願の当たりモンスターが出てようやくリセマラが終了したところで、いざゲームを始めても何をすればいいか分からない。
そんなことがないように、序盤におすすめの攻略方針を紹介していきます。

モンスターを育てよう

まずは、最初に引いたモンスターや新しくガチャから入手したモンスターを育成することを当面の目標にするといいでしょう。
これらのモンスターは終盤まで活躍できる可能性が高いため、積極的にレベルを上げて進化を目指すようにすると攻略もスムーズに進みます。

なお序盤のダンジョンで入手できるモンスターは育成してもあまり活躍は見込めないため、パーティの枠を埋める分を残しておくだけで十分です。

モンスターのレベルアップ

モンスターの育成で重要になるのが、イベント期間のパワーアップボーナスです。

パワーアップ合成には「大成功」「超大成功」があり、それぞれ合成経験値が1.5倍、2倍に上がります。
イベント中はそれらの発生する確率が上がることがあり、特に5倍や6倍の確率になる時はレベル上げのチャンスです。

ダンジョンで手に入れたモンスターやイベントで楽に入手できる「超絶キンメタたまドラ」などを、この期間に一気に合成させるといいでしょう。

レベルを上げることでステータスが強化されるほか、一部を除いてレベルをマックスにすると後述の「進化」が可能になります。
これらによって様々なダンジョンの攻略がしやすくなるため、さらに育成の効率も上がります。

モンスターの進化

モンスターはレベルがマックスになると、進化することが可能になります。
ただし進化には曜日ダンジョンなどで入手できる「進化素材」が必要で、使う素材はモンスターによって異なります。

進化させたいモンスターには何が必要で、それを手に入れるためにどのダンジョンを攻略する必要があるか、事前に調べておくといいでしょう。

また例外として、レベルをマックスにしなくても進化が可能なモンスターもいます。
これらのモンスターは進化素材の入手難度が高いことが多い代わりに、進化前でも序盤では十分に活躍することができます。

焦らずに少しずつレベルを上げながら、余ったスタミナで素材を集めるようにするといいでしょう。

魔法石は何に使うのがいい?

魔法石の使い道は、「ガチャを引く」「スタミナ回復」「フレンド枠拡張」「モンスターBOXの拡張」「コンティニュー(ダンジョン潜入時)」など様々です。
しかし序盤は、基本的に「ガチャ」と「モンスターBOXの拡張」だけに魔法石を使うといいでしょう。

魔法石を使う必要がないこと

フレンド枠はプレイヤーランクが上がれば少しずつ増えていくため、序盤から無理に拡張する必要はありません。

またスタミナはランクアップボーナスで全回復するため、頻繁にランクの上がる序盤には無理に回復する必要はありません。

そしてドロップモンスターが今すぐ必要な場合を除いて、現在の実力でクリアが難しいダンジョンをコンティニューしてまで無理にクリアする必要はありません。

魔法石を使うべきこと

入手した進化素材を貯めこんだり、合成経験値の高いモンスターを多く確保しておくことで、スタミナの節約やモンスター育成の効率化を図ることができます。
そのため、序盤はモンスターBOXの拡張に多くの魔法石を使うといいでしょう。

一見魔法石がもったいないように感じてしまうBOX拡張ですが、長い目で見れば非常に有効な使い道です。

また、ガチャで新しいモンスターを手に入れるために魔法石を使うのも良いでしょう。
ただしレアガチャを引く場合は、強力なモンスターが排出されやすいゴッドフェス期間のみに絞るべきでしょう。

コラボガチャなどの期間限定ガチャを引く場合は、まずガチャから排出されるキャラのラインナップを確認して、本当に欲しいキャラが複数体いるかどうかを確認してから引くようにしましょう。

そしてどのガチャにもいえることですが、欲しいモンスターが出ないからとムキになって魔法石を全て使ってしまわないように注意しましょう。
あらかじめ引く回数を決めておくと、当たりが出なくても冷静にガチャを止めやすくなります。

リセマラでスタートダッシュを決めよう!

この記事ではリセマラに必要な準備やその効率的な方法やプレイスタイル別の当たりモンスターのほか、リセマラ後におすすめの攻略方針などをご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

うまくスタートダッシュを決めることができれば、奥深いパズドラの世界を最大限楽しむことができるでしょう。

この記事が、あなたの楽しいパズドラライフの一助となれば幸いです。

属性別攻略

お役立ちコンテンツ

パズドラ基本情報

パズドラの遊び方

パズドラ機能説明

パズドラ攻略豆知識