最終更新日時: 2017年8月10日

失敗しないパズドラデータ引き継ぎ方法-機種変更前にチェック!

パズドラのゲームデータ引き継ぎについて

スマホの機種変更を行って新しくパズドラのアプリをダウンロードしたとしても、すぐに以前使っていたゲームデータで遊べるわけではありません。
今まで通りゲームを楽しむためには、新しい端末へ現在のゲームデータを引き継ぐ必要があります。
現在の端末で「機種変コード」というものを発行して、新しい端末へ入力すると引き継ぎができます。
また、現在使っている端末でパズドラのゲームデータのバックアップを取り、それを新しい端末で読み込むことでゲームデータを引き継ぐことも可能です。
これらの処理は同じOS間、異なるOS間のどちらでも可能なので、パズドラを遊ぶために変える機種が制限されるということはほぼありません。
しかし、OSにより引き継ぎの手順が異なる場合もあるため、ここでは詳しいデータ引き継ぎの方法について解説していきます。

全OS共通の引き継ぎ方法

①現在の端末で機種変コードを発行する

現在使用している端末でパズドラを起動し、下部のメニューの「その他」から「機種変更」を選び、「機種変コード発行」から「発行する」を選択します。
選択して少し経つと、ゲーム内のメールにゲームデータのIDと機種変コードが送られてきます。
ゲームデータのIDと機種変コードは次の行程で絶対に必要になるため、スクリーンショットやメモ帳などに控えましょう。
なお、このコードは発効から2週間のみ有効であるため、有効期間を過ぎてしまった場合は再度同じ手順で新しい機種変コードを発行しましょう。

②新しい端末へ機種変コードを入力する

新しい端末でパズドラのアプリをインストールし、起動します。
ニックネームを決める画面で名前の入力をせず、「機種変コードを使ったゲームデータ以降はコチラ」をタップします。
その中の「機種変コード入力」から、先ほど控えたIDと機種変コードを入力します。
その後の確認画面で自分のニックネームやランクなどが正しいことを確認し、「はい」を選択することでゲームデータの移行が始まります。
これらが完了したらアプリを再起動することで、以前のゲームデータの続きからパズドラを遊ぶことができます。

Android端末の引き継ぎ方法

①現在の端末で機種変コードを発行する

現在使用している端末でパズドラを起動し、下部のメニューの「その他」から「ユーザー情報」を選び、「ゲームデータ引き継ぎ」を選択します。
そして、引き継ぎに関する確認画面で「はい」を選択します。
この時、端末に同期しているGoogleアカウントが複数ある場合は、アカウントの選択画面が表示されます。
複数のアカウントが表示されたら、パズドラのゲームデータを紐づけたいGoogleアカウントを選択してください。
その次に権限のリクエスト画面が表示されるため、端末に同期しているGoogleアカウントや表示された内容を確認したうえで「アクセスの許可」を選択すると、ゲームデータの登録が完了します。
なお、次の工程ではIDの入力が求められます。
下部のメニューの「フレンド」から「ID検索」を選択し、表示される「あなたのID」をスクリーンショットなどでメモしておきましょう。

②新しい端末でゲームデータの引き継ぎを行う

パズドラのゲームデータを紐づけしたGoogleアカウントで新しい端末に同期していることを確認したうえで、その新しい端末でパズドラのアプリをインストールし、起動します。
ニックネームを決める画面で名前の入力をせず、「Googleアカウントを使ったゲームデータ引き継ぎはコチラ」をタップします。
その後の画面で「ゲームデータの引き継ぎ」を選択し、先ほどメモした「あなたのID」を入力しましょう。
Googleアカウント認証の画面が出るため「認証」をタップし、ゲームデータが紐づけされているGoogleアカウントを確認したうえで「アクセスの許可」を選択します。
そして、下部のゲームデータ引き継ぎ画面で「OK」を押すと、ゲームデータの引き継ぎが始まります。
ゲームデータの引き継ぎが完了したら、アプリを再起動しましょう。
以前のゲームデータの続きからパズドラを遊ぶことができます。

iOS端末の引き継ぎ方法

現在の端末でiCloud / iTunesへゲームデータをバックアップする

iCloudやiTunesはApple社が提供しているサービスで、ゲームデータなどを含めた端末のデータを保存できます。
これを利用することで機種変更の際のデータ引き継ぎが簡単に行えるほか、万が一のゲームデータの破損・損失の際にも素早く復旧することが可能であるため、必ず事前にバックアップを取ることをおすすめします。
なお、各携帯キャリア毎に詳しいバックアップ方法が紹介されているため、下記のページをご参照ください。

au SoftBank NTT DoCoMo

iCloud経由で新しい端末へゲームデータを復元する

iCloud Driveを使用している場合は「設定」からiCloudにサインインし、「iCloud Drive」がオンになっていることを確認します。
またiCloud Driveの詳細でパズドラが有効になっていることも確認しましょう。
iCloud Driveを使用していない場合も同様に「設定」からiCloudにサインインし、「書類とデータ」がオンになっていることを確認します。
この場合も「書類とデータ」の詳細でパズドラが有効になっていることも確認しましょう。
現在の端末でこれらの設定を有効にした上でパズドラをプレイすると、ゲームデータが自動的にiCloudにバックアップされます。
このようにゲームデータがバックアップされた状態で新しい端末にパズドラをインストールし起動すると、最初の画面でiCloudからゲームデータの復元を行えます。

iCloudからゲームデータを復元する場合の注意点

新しい端末にパズドラをインストールする際に、以前プレイしていた時と同じiCloudアカウントに新しい端末でもサインインしている必要があります。
また、複数の端末の別のゲームデータで同じiCloudアカウントを使用していた場合は、最後にプレイしていた端末のゲームデータが復元されます。
この復元方法によって複数の端末で同じゲームデータをプレイすることが可能になってしまいますが、データの破損などの恐れがあるため公式で禁止されています。
そして、ゲーム内のチュートリアル中にデータの引き継ぎが行われてしまうと、ゲームの進行に不具合が生じる可能性があります。
必ずゲームを起動して、すぐにデータの引き継ぎを行うようにしましょう。

データの引き継ぎができない時の対応

エラー番号3・エラー番号34と表示される

エラー番号3は、入力されたIDがパズドラに存在しないことを表しています。
自分のIDをもう一度見直し、間違えのないように再入力しましょう。
またエラー番号34は、入力された機種変コードが無効であることを表しています。
機種変コードを発行して2週間以上経ってしまったため有効期限が切れているか、入力の際に機種変コードを打ち間違えています。
機種変コードをもう一度見直し、間違いのないように再入力しましょう。
それでもエラーが出る場合は、現在の端末のゲームデータで新しい機種変コードを発行し、それを入力する必要があります。

機種変コードの発行を忘れた

機種変コードを発行せずに今まで使っていたゲームデータを消してしまっても、そのデータを復旧することができる場合があります。
そのゲームデータで一定以上のダンジョンを攻略していること、魔法石の購入履歴があることなどの条件がいくつかありますが、1つでも条件を満たしており、かつそのデータの特定が可能である場合には復旧が可能です。
ただし、データの特定のために利用していたOSやゲーム内のランク、お気に入りに登録していたモンスターやダンジョンのクリア状況など様々な情報を入力する必要があります。
他にも条件や記入事項が多くあるため、詳しくは公式サイトのデータ復元に関するページを確認し、「ゲームデータ復旧」申請フォームから問い合わせましょう。

属性別攻略

お役立ちコンテンツ

パズドラ基本情報

パズドラの遊び方

パズドラ機能説明

パズドラ攻略豆知識